新しい光パラダイム


過去の消費者は照明器具を単に「空間を照らすツール」あるいは「装飾的な要素」としてのみ考えましたが、今は照明が単に光を照らす役割から脱して、ユーザーが希望する光を作ることができる時代が到来しました。今、消費者はそれぞれの好みや状況に応じて必要な明るさ、色温度、色を自由に調節できる能動的な照明空間のデザイナーになれます。